誰でも美肌になれるおまじない|年齢別の徹底したケアが未来を左右

ウーマン

医療機関で肌の若返り

笑顔の女性

レーザー機器のメリット

美肌というとエステの専門分野のようですが、美容整形外科だけができる施術は数多くあります。高出力のレーザー機器を使用したり、特定の成長因子を注入したりすることは、医療機関にしか許されていません。自宅やエステサロンではできない高度な美肌治療を受けられることが、美容整形外科の第一の特徴と言えます。また万が一、副作用で痛みや腫れなどのトラブルが起きても、医師が常駐している医療機関なら適切な処置を受けることができます。こうした安心感があることもポイントのひとつです。美肌整形専用の医療機器にも、非常に多くの種類があります。最もポピュラーなレーザー機器も、次々に新しい機種が開発されており、痛みが少なく効果の高い施術が可能になっています。シミ・ホクロ・イボなどを治療するには、レーザーが標準的な方法のひとつで、患部の大きさや範囲にもよりますが、ほとんど傷跡を残さずキレイに治せると言われています。レーザー機器はニキビ跡や毛穴のケア、アンチエイジングなどにも利用されます。皮膚にレーザーで微小な穴を開け、真皮の線維芽細胞に刺激を与えることで、コラーゲンやエラスチンの生成を促し、ターンオーバーを促進する治療法です。

マシン以外の施術方法

美容整形外科ではレーザーの他にも、高周波や超音波などを使って美肌効果を実現する機器が用意されています。いずれも真皮や筋肉に熱エネルギーを与え、たるみを引き締めたり弾力を取り戻したりする効果が期待できます。またフォトフェイシャルは最新の治療機器のひとつで、特殊な光を照射し肌のくすみや赤ら顔をケアします。これらの機器は単独でも効果を発揮しますが、施術後の肌にイオン導入などを組み合わせることで、より美肌効果を実感できると言われています。マシンを使った施術以外にも、美肌効果の高い薬品を使う方法がいろいろあります。なかでも再生医療との関係で、近年注目を集めているのがグロースファクターです。遺伝子工学を応用して作られ、細胞分裂を促す作用のあるグロースファクターは、肌の再生機能を高め生まれ変わらせるとして人気があります。このほか古くなった皮膚を強制的にターンオーバーさせる方法として、ケミカルピーリングも効果的です。それぞれの美容整形外科では、マシンと薬品を組み合わせて、独自の美肌プログラムを提供しています。まずはカウンセリングで効果やリスクについての説明を受け、自分に合ったクリニックを探してみましょう。